クラシアン 評判

  • 和式トイレの大変身
  • TOTO製TKGG32EB


和式トイレの大変身


クラシアンの工事には和式トイレから洋式トイレへのリフォーム工事なんてのがあります。こういうちょっとしたトイレリフォームもやってくれるものなんですね。 素人では大がかりでも、手前にある扉を残して設置したいと思っても、なかなか難しいでしょう。 職人や工務店の知り合いでもいれば別ですが、こいうのは依頼した方が賢いといおうものです。


トイレの設置だと1㎝単位で調整しることもできるので、無事に工事は終わるパターンがおおいですね。和式から洋式でも半日くらいでできちゃうのでお考えの方は問い合わせてみてもいいかもしれません。


手頃な価格でスピーディーに完成する場お客としても喜ばしいことですし、工事を自分でやってたら何時間かかるのか、果たして終わるのか・・・ それよりも排水の取り付けミスなどで水漏れの原因になる場合もあるのでケアも怖いですからね。


クラシアンは修理だけではなく水回りのリフォーム工事も大丈夫ということでいい感じです。 ここらへんはイースマイルや水の救急車、サンリフレなどの同業者も行っていますので相見積もりをとってみて比較検討すると失敗もなくていいと思いますよ。


自分の体を実験台にして、いろんなファッショに挑戦したのかな?TVで見るといきなり変わったように思えるけど、ブログとか見てると普通に成長してして今のスタイルに落ち着いてる。



TOTO製TKGG32EB


クラシアン名古屋支社で行われたのが、台所の水栓交換。 蛇口まわりって交換時期とか修理とかって悩んじゃいますよね。給湯器ならつかなくなったら交換!と即決できるけど、蛇口だと水漏れしててもポタポタの程度が微妙だったりしますからね。


クラシアンではTOTOの『TKGG32EB』というモデルを取り付けることが多いようです。TOTO製の『TKGG32EB』というこの水栓は便利ですよ。 まずシャワーホースがついていて、大きな台所の掃除でもシンクのすみずみまでホースが伸びるからです。 ササッとキレイにしたい場合でも水洗いがやりやすいですね。


今までのが使いにくかったりすると、この清潔さと便利さに驚くと言われている一品。ただ水栓程度なら自分で交換できる場合も多いので、ホームセンターやネット通販でもっとご自身にあったタイプをゆっくりと検討してみるといいかもしれませんね。



給湯器

そして冬場に多いのが給湯器の交換。交換と言っても交換したいわけじゃなく、寒い時期につかなくなってしまえばもう修理よりも交換の方がやすかったり性能が良かったりするので即決しちゃうパターンですね。


ただ給湯器の調子がわるくなるとエラーがよく表示されたり、お湯の出が悪かったりと予兆がある場合も多いので早めに交換を検討しておくといいですね。 当日となると慌ててしまってクラシアンの売りたいのを売りつけられる恐れがありますが、ちゃんと準備していれば大丈夫です。


まずは調子が悪かったらガス会社にでも点検にきてもらいましょう。検診の時にでも一声かけてみてもいいですし電話で近くの営業所に相談してみましょう。 修理で直れば問題ないですし、寿命(約10年)が近ければゆっくりと良いタイプを選ぶことができますからね。


このように、クラシアンのイメージとして「和式トイレが詰まったので修理」というパターン以外にも、「水の流れ方から水に溶けない固形物が詰まってしまった。」とか、「和式便器の排水管をチェック」なども対応するようです。 どうしてもトイレは応急処置が必要ですが、いろいろなリフォームも対応しているってことですね。



給湯器水漏れ修理


クラシアンの法人対応では、飲食店なども一括して対応できるようです。 でもなるべくトラブルを起こさないためには、「洗浄剤は、パッケージに記載されている容量や時間を守って利用する」というのは大切ですね。 特に半年ぶりに使った、なんて時には溜まりすぎた汚れが一気に流れてその汚れ自体がつまりの原因になることがあるからです。


しっかりメンテナンスをしていないとエコキュートやヒートポンプのつなぎの配管からでも水漏れが起きたり、よけいなトイレつまりが発生してしまいますからね。 まぁ配水管などの場合はパーツがしょぼくために耐久性のあるアルミ三層管で配管をしたいるするとかなり予防になったりしますよ。


クラシアンだと圧力清掃というローポンプで詰まりを除去したりするのですが、一般家庭や店舗にはまずありません。あっても技術やサポートがないですしね。なのでうまく近所の工務店やホームセンターを利用しながら、緊急時には緊急の水道業者に依頼してもいいかもしれません。